ユユユユユ

webエンジニアです

解析、床屋、お好み焼き

快晴。早朝から一気に気温が上がり、暑すぎて嫌でも目が覚める。最高気温が37℃だという。梅雨はどこへいったのか。冷房を効かせた部屋で、昼休みをはさみながら、解析の勉強。 南中からしばらく待って、サンダルを突っかけて自転車で出かける。駅前でタイヤ…

ラジオ講義への不満

解析入門の講義は第14講のローラン級数にはいろうというところ。ラジオ講義の解説は数式を口頭で読み上げるという前近代的な仕上がりになっている。コーシーの積分定理の証明の途中式をだらだらと詠唱しているさまを想像してほしい。不便を超えて悪質の域に…

データベース('17): 全15回

放送大学の「データベース('17)」の講義を完走した。週に一課を一定のペースで進めるのではなく、気が向いた時間に数回分の講義をまとめて視聴するやり方で通した データベースという言葉の語源が、50年代に米軍が持っていた情報集約基地のことをズバリ指し…

『私だけ聴こえる』

疎外感を感じるのは誰にでもあること。自分ではどうしようもない、神が与えた境遇に苦しむのは普遍的なこと。悩みや不満を共有できる相手がいることはたぶん、心からわかりあうこととはすこし違う。その宙吊りなアイデンティティを、コーダという名前で定義…

『マイスモールランド』

大学3年のとき、『ペルシア語文法ハンドブック』という文法書を、その著者の吉枝先生の研究室で買わせてもらった。それをカナダ留学に持参して、在カナダのイラン系移民の子どもたち(彼らは親の言葉を話せないのだった)と一緒に、ペルシア語の授業を受けて…

『トップガン マーヴェリック』

映画はフィクションだというのは大前提であるのに、それでも「そんなご都合主義なことがあるかねえ...」と醒めた態度でもって、リアリティがなくていまいちピンとこないんだよねえ、と気の抜けた感想を持ってしまうことはしばしばある。つまらない大人の仕草…

So long!

恩着せがましいといわれた。そうなんだろうな。 自分に酔っているのだといわれたら、たぶんそうなのだろう。そうなのだろうから仕方がない。どうしようもない。ひとのためになにかをする。それを互いに幸福におもえる。そういう幻想を楽しめなくなったら、お…

坂口恭平の『よみぐすり』

ツイッターで発された「いい言葉」の抜粋を相田みつをの名言集よろしくパッケージしたような本、という印象が最初にあった。元気の出ることは書いてありそうだけど、1ページに140文字くらいという濃度の本で、しかも同じものをネットで無料で読めるんでしょ…

真面目は美徳か悪徳か

不真面目より真面目のほうが優れているかのような錯覚にとらわれてはならない。不真面目が多様な相を持っていることに比べて、真面目ということの凡庸さはおおいなる不自由を生じさせる。 真面目という言葉は雑である。「なんとなくいいこと」くらいの意味で…

楽しいパーティーとバッドな現実

2018-19年に恵比寿のシェアハウスに住んでいた。そのときに仲良くしていたメンバーとの飲み会にいった。19時に飲み始めて、3時過ぎにタクシーで帰った。悪い飲み方をしたつもりはなかったはずなのだが、ひさしぶりにひどい二日酔いに見舞われた。8時間も飲み…

『シン・ウルトラマン』

怪獣との戦闘はおもしろい。それがバカにもわかるウルトラマンの力と勇気を見つけているからである。しかしそれ以外のパートでは、特殊な固有名詞とそれらしい政治劇で煙に巻くような構成が悪くみえた。 中身のない話をし続けるという意味ではたしかに空想映…

曲線 C: |z-1| = 1

この が となる。そのように説明されるのを線積分の講義で聴いて、行間の論理が吹き飛ばされて大きく飛躍したのを感じて、混乱した。 wolframalpha.com でプロットしても、思ったとおりV字のグラフが描かれて、助けにならなかった。 そのとき、この YouTube …

基底の基本変換

基底の基本変換のレッスンが「線形代数学」の第七課であった。そこでは簡単になぞって終えていた。それがいま第十課にやってきて、任意の行列の基底を変換して上三角行列に変形するやり方を教えられて、基底の基本変換の計算にちょっと怪しさをおぼえた。復…

R.I.P. iPhone X

先週の火曜日、長く使い続けてきた iPhone X がいよいよ壊れた。スクリーンの一部が映らなくなり、画面のオンオフごとにブラウン管テレビさながらにフラッシュするようになった。 もう何年使ったかも数えていなかった。ベゼルレスの新しいデザインが投入され…

『コーダ あいのうた』

昨日は早起きをしたおかげで早寝をすることもでき、おのずときょうも早くに目が覚めることになった。手持ち無沙汰に就業してしまい、予定もないのにはや上がりになりかねなかったところ、なんとなく映画館を物色していて、いい時間の上映を見つけた。アップ…

『グリード (1924)』

8時に始業、17時に終業して映画を観に行った。アテネ・フランセに。 早起きに慣れないので、向かう電車で眠気をもよおした。そのコンディションでサイレント映画をみる。これは眠ってしまうかもな。 しかしそれは杞憂だった。おもしろい! ただならないオー…

『EUREKA/ユリイカ』

もうだめだ! とおもったところから、再起をはかって車を走らせる。その後半の構造は『ドライブ・マイ・カー』とたしかに似ている。しかし似ているところを探すために観ていたのではない。後半だけが見どころだというのでもない。全編通して強力な作品で、4…

Naruyoshi Kikuchi Quartet

渋谷のセルリアンタワーに、菊地成孔の生演奏を聴きに行った。DCPRGの解散公演を聞きにいって以来で、ビッグバンドからコンボへ、エレクトリックからアコースティックへ、スタジオコーストからジャズクラブへ、と形式としてはかなりソリッドな催しになる。ギ…

すこし悲惨な中間テスト

大学の中間テストの期間にあたっている。全15回の講義のうち、第7講あたりまでが試験範囲になっている。講義の聴講は大型連休でよく進められていて、この範囲の学習は余裕をもって終えられていた。 問題冊子は学期初めに郵送で送られてきていて、それを郵送…

丸山圭三郎『ソシュールを読む』

1-8章では『一般言語学講義』の概要を解説する講義が語られて、9-10章で丸山先生のソシュールに依拠した文化論が語られる。 https://www.amazon.co.jp/dp/4062921200 チョムスキーは知っているけど、ソシュールは大学の講義で聞き知っているくらいで、ちゃん…

タルコフスキー生誕90年

渋谷のユーロスペースで記念上映をやっており、土日を使って『ソラリス』『ストーカー』『鏡』と70年代制作の三本をまとめて鑑賞した。 『ストーカー』がとりわけよかった。お気に入りの一本になった。超自然的な力の存在はただ示唆されるだけであるのに、そ…

ポケモン図鑑

『Pokémon LEGENDS アルセウス』というゲームを2ヶ月前からやっていた。大人になってからゲームをやるとき、どうもクリアせずに投げ出してしまうことのほうが多くなった。そんなときにあって、これは最後まで遊び切ることができた。最後まで遊び切ったゲーム…

HTML を手書きする

jnsato.com というページを、2年以上も前に nextjs で書きかえて、それで満足してほったらかしにしていた。 SSG を使ってみたくて Go で書いたバックエンドを lambda にデプロイしたり、またそのための CMS を Amplify で用意したりまでしていた。 で、2年間…

ヴェンダースの『さすらい』

池袋の新文芸坐がリニューアルされて新しくオープンしたという話を知った。上映スケジュールをみると、ちょうど溝口特集をやっているらしい。 大型連休のあいまの平日で、暦通りに在宅勤務をしていた。溝口はどうにもあきらめざるをえない。しかしレイトショ…

外国語を読むように数学書を読む

大型連休をつかって放送大学のテキストを読み進めている。きのうは解析で重積分の導入に、きょうは線形代数で複素ベクトル空間の導入に取り組んだ。 大学のテキストだけあって、正しく数学的な手続きで定理を示してくれている。つまり、定理とその証明をレト…

Mix and OTP に再入門

OTP に関する公式のイントロダクションが elixir-lang.org にある1。今年の1月にいちど、これに取り組んでいる2。うまく飲み込めず不完全燃焼と感想を残していて、そのままになっていた。これをあらためて 5. Dynamic Supervisor の章までやりなおした。 こ…

Xbox Series S

ビックカメラのオンライン販売で注文したものが届いた。簡単に手に入ったかのように書いているが、実のところなかなか困難な道だった。 発売直後に比べて需要が落ち着いていることは確かだろうとおもう。よって予約販売や抽選のたぐいも活発ではない。通販サ…

ダミアン・ハースト 桜

国立新美術館に観覧にいった。ダミアン・ハーストは、牛やら鮫のホルマリン漬けをあつかうコンセプチュアル・アーティストという印象を持っていた。それだけに、桜といういくぶん日本の観客におもねったともとらえうるテーマの個展がアナウンスされて、やや…

LiveView JP#6

このまえの火曜日のこと、 Elixir のコミュニティイベントに初参加した。 https://liveviewjp.connpass.com/event/245701/ 題目は「モブプロで一緒にAI・ML開発入門 & Livebook+NxでLT会」。 elixir-nx/nx を Livebook で動かして、全員でひとつのノートブ…

『ドライブ・マイ・カー』

静かな映画である。ずっと会話が続いている。品格のあるひとびとが中心にいる作品であるから、ダイアログはいつも穏やかで、暴れない。演技も抑制的で、叫ばないやりかたで感情の動きを表現している。音楽もそう。アンビエンタルなサウンドトラックが映画館…